当ブログ、管理人のKと申します。

 

ユーチューブ動画投稿を始めるときにまず必要なのが、何さておき、カメラになります。

 

カメラにはどんな種類があって、それぞれどんな特性があるのか?

そして、結局どのカメラを選べばいいのか。迷いますよね。

前回は、スマホの動画撮影について語りました。

今回は、おそらくユーチューブ動画撮影における主流機種であろう、ビデオカメラと、デジタル一眼カメラについての説明です。

 

前記事と同じく、まずは撮影カメラには、どんな種類があるのか見てみましょう。

 

たくさんのカメラの種類

1. スマホ

2. ビデオカメラ(ハンディタイプ)

3. デジタル一眼カメラ

4. アクションカメラ

5. 業務用カメラ

 

ユーチューブで業務用カメラを使用する人はかなり少ないと思われますので、実質4種類のカメラの中から、選ぶということになりますね。

スポンサードリンク

ビデオカメラ(ハンディタイプ)と、デジタル一眼カメラの基本的な違いは?

ビデオカメラは、動画撮影用のカメラ。

デジタル一眼カメラは、静止画撮影を中心においたカメラがやがて、動画撮影機能も備えるように。

デジタル一眼カメラは、スマホのように、どちらかというと、(動画)撮影機能はおまけとして、付いてきたわけで。

そもそもの出発点が、ややちがうわけなんですね。

この違いを抑えておくと、2つのカメラの特性が理解しやすくなると思います。

では性能面の差について比べてみましょう。

 

ビデオカメラ(ハンディタイプ)のメリットとデメリット

まずはメリット

  • フォーカス(焦点調整)もアイリス(光調整)も自動
  • (SONYの空間光学手振れ補正機能のような / 他社メーカーも含め)全体に手振れ補正機能が優秀。
  • 録音性能も高い
  • 長時間撮影ができる

デメリット

  • 背景がぼけず、めりはりのある絵にならない
  • 暗がりの撮影には照明が必要となる

先に述べた、動画を撮るために、僕らは生まれてきたんだ。

その特性が見事に出てますね。

動画は静止画と違い、音をとる必要があるので、録音性能も高く、(三脚を使わず)カメラを持つことも多いので、手振れ補正も優秀。

 

デジタル一眼カメラのメリットとデメリット

メリット

  • (大きいイメージセンサーを積むため)画質が繊細で美しい
  • 背景ぼかしなどの、メリハリのある絵が撮れる
  • 優れたISO感度によって、照明なく、暗い場所での撮影が可能に。(少しの光源でも明るく撮影できる)
  • 多彩なレンズで、撮影表現の幅が広がる

デメリット

  • 被写体が動くとぼけやすい
  • レンズ交換の手間
  • 交換レンズが高い
  • 録音の性能は低め(外付けマイクでカバーできます)
  • 連続撮影は30分まで(30分以上連続撮影できるタイプもあります)

 

それぞれのメリット、デメリットを比較すれば、おのずとどちらのカメラが自分に向いているかわかりますよね。

 

ビデオカメラ(ハンディタイプ)はこんな人に向いていそうです。

カメラに詳しくない、初心者。

室内、室外、問わず撮影場所が広範囲。

動くものを撮影する。

自分が動きながら撮影する。

画質は並みだが、簡単に動画撮影ができるカメラということになります。

 

 

デジタル一眼の、ビデオカメラに対しての優位性はとにかく、その画質の美しさでしょう。

デジタル一眼に向いている動画。

背景がうまく、ぼけるので、商品紹介動画。

おしゃれ料理や、美容系、山や自然の景色などの動画。

花

 

この紫の花だけにピントが合い、後ろがぼけていますよね。

絵としてドラマチックだし、商品紹介などで、商品を際立たせたいときは、このコントラストは効果的です。

 

ビデオカメラか、一眼カメラにするか。

大体の見当はついたかと思います。

それでは、更にどのメーカーがいいのか、どの商品がいいのか、絞り込んでいきましょう。

 

ビデオカメラの国内シェア / 2017

ハンディカム

とてもわかりやすい、勢力図ですね。

パナソニック と ソニー が強く JVCケンウッドを入れても3社しかありません。

 

デジタル一眼レフの国内シェア

一眼レフシェア

 

カメラの王者キャノンの強さが目立ちます。実質、キャノンか、ニコンから選ぶことになりますね。

 

ミラーレス一眼の国内シェア

ミラーレス一眼シェア

 

ここはわれています

上位3社で60%ちょいですので、動画撮影の定番、GH4&GH5パナソニック、などのシェアもそれなりにあります。

デジタル一眼カメラには、一眼レフカメラと、ミラーレス一眼カメラと呼ばれるものがあります。

ミレーレスは、文字通り、ミラー(内部に設置された鏡)がレス(ない)カメラとなります。

その構造上の違いから、呼び分けられています。

ミラーレスカメラのほうが、鏡が内部にないぶん、小型で軽量になります。

ミラーレスより一眼レフのほうが値段が高く、そのぶん高画質  多機能な傾向があります。

では具体的にビデオカメラ(ハンディタイプ)はどれを選ぶか

メーカーは、パナソニックとソニーの2社が特に強いのは、お分かりいただけたと思います。

さらに、購入する際のポイントとして

  • 4K対応か? フルハイビジョンなのか?
  • 画質を決める撮像素子(イメージセンサー)の大きさは?
  • 手振れ補正は光学式か?

あたりを、商品詳細の欄にて確認して、決めていけばよいと思います。

4Kか、フルハイビジョンなのかについては、商品名のところに、ダイレクトに4Kビデオカメラなどと書いてある商品も多いですが、商品の詳細欄に総画素数4Kだと,829万画素フルHDだと、207万画素、ハイビジョンだと、105万画素、と表示されているはずです。

 

ハンディタイプのカメラの撮像素子は、1/5.8 や  1/2.3  などの表記に概ねなっていると思います。
大きいほど画質が良いので 1/2.3  の方が、大きいイメージセンサーであり、画質が良いです。

1/2.3=   1/5.8 = 

くらいに、ざっくりととらえておくといいかもしれません。

 

手振れ補正は、光学式と電子式があり、光学式採用のほうが、手振れ機能が優秀です。

 

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

 

 

上記の売れ筋商品、SONYのHDR-CX680  (価格4万半ば)。

発売 2017年

スペック的には、撮像素子がCMOS 1/5.8型

フルハイビジョン対応カメラ

光学ズーム30倍

内臓メモリーが64G(大きいメモリーを積んでいます)

手振れ補正機能 光学式

 

ken kurokiさんの4分44秒の動画・・・ふむ、数字が不吉だ。

歩きながらの動画なので、手振れ補正機能などの参考になるかな、と。

 

3万円のビデオカメラ

これもSONYの商品です。HDR-CX470

約3万円で買えるビデオカメラですが、手振れ補正を含め、機能は一通り揃っています。

発売 2017年

上記の商品と比べ、メモリーは半分になってますが。

バッテリー込みで重さ215g(激軽です)

撮像素子 CMOS 1/5.8型

フルハイビジョン対応

光学ズーム   30倍

手ブレ補正機構 光学式

内蔵メモリー (32GB)

 


ソニー SONY ビデオカメラ HDR-CX470 32GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-CX470 W

 

 

HDR-CX470 の手振れを検証している動画です。

3万円でこれは、コスパ的にやはり凄いなぁと。

 

2つの商品には1万数千円程度の差がありますが、メモリー容量の差だけではなく、HDR-CX680 のほうには、5.1chマイクの採用(音が良い)だとか、Wi-Fi/NFCを搭載し、無料アプリでモバイル端末と連携し、リモート操作や撮影映像の転送ができるなどの、ちがいもあります。

ユーチューブ一眼カメラの覇者  パナソニック GH4と GH5

ユーチューブでの動画撮影に使用するデジタル一眼カメラでは、圧倒的にレビューが多いのが、パナソニックのGH4GH5ですよね。

GH4、GH5は、4K動画撮影の可能なミラーレス一眼カメラになります。

 

枚挙にいとまがないほど、ガジェット系配信者の商品紹介動画として登場していますね。

美しい映像を求める、商品紹介、料理、美容などには打ってつけの4K動画撮影が可能。

ビデオカメラと違い、美しい画質を追い求める人たちが、フルHDでなく、4K動画の方へ、移行するのは自然なこともでありますよね。

 

ただ、デジタル一眼じたい、ハンディのビデオカメラと違い高額ですから、ネットで即決するような商品でもないでしょうし、電気屋に行って実物をみたり、友人に触らせてもらったりしてからの購入が良いのかなと。

 

ここでは簡単に短くに、GH4と、GH5の違いについて軽く触れます。

GH5になって進化したところをあげていきます。

  • GH5には手振れ補正機能がついている(GH4にはついていない)
  • GH5は動画撮影中に設定変更(ホワイトバランス・フォトスタイル)が可能。
  • GH5は4K/60P まで向上。(GH4は4K/30P)
  • GH5には空間認識AFが機能が(コントラストAFに加え)さらに追加され、ピントフォーカスが早くなった。

このように、GH5はさらに進化しているわけですが、現状、GH5が23万円程度、GH4は9万円強程度と、2倍以上の差があります。

 

ならば、コスパ的にみれば、美しい4K動画を撮影できる、GH4もまだまだ大いに魅力があると感じますね。


Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH4 ボディ ブラック DMC-GH4-K

 

GH4で撮影した 友ケ島 の動画。

和歌山、紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ 無人島群。

 

一眼レフカメラの動画撮影の注意点

デジタル一眼での動画は、その特性から商品紹介の動画に用いられることも多いと思います。

 

自己撮りするわけですが、前回の記事、と同じように、日の丸構図を踏襲して、画面中央に、バストアップくらいにおさまること。

写真の構図

 

そして、目線が上目使いにいも、見下ろす形にもならないように視聴者と水平になるようにとの、注意点を書きました。

 

スマホやハンディタイプのビデオカメラと違い、一眼カメラは、モニターとレンズの距離が多少あります。

 

一眼レフとモニター

かなりの近距離で撮影する場合、自分の映り具合や、バッテリーが切れていないかと、モニターの方を、見ていると、目線が、視聴者とまっすぐにならず、少しずれてしまうのですよね。

ガジェット系配信者で、常に、視線がずれている方がいて、これでは、説得力がなくなってしまうなぁ、と。

 

一眼カメラを近距離に置かざるを得ない場合は、なるべくレンズそのものを見て話すようにした方がベストですね。

スポンサードリンク