当ブログ、管理人のKと申します。

 

ユーチューブを始めるときにまず必要なのが、何さておき、カメラになります。

カメラにはどんな種類があって、それぞれどんな特性があるのか?

そして、結局どのカメラを選べばいいのか。迷いますよね。

 

ではでは、見ていきましょうか。

 

たくさんのカメラの種類

 

 

1. スマホ

2. ビデオカメラ(ハンディタイプ)

3. デジタル一眼カメラ

4. アクションカメラ

5. 業務用カメラ

 

 

ご覧のように動画撮影カメラは、大づかみに5種類あります。

5の業務用カメラを、You Tube で使用することはほぼないと思いますので、1~4までの説明を、ひとつずつしていきます。

 

この記事では、スマホについてのみ、説明をします。

 

その前に2~4までのカメラを一言だけ、説明しておくと

 

  • ビデオカメラ は室内、室外、広く使える。AF(オートフォーカス)やズームが自動で初心者にはとても使い勝手のいいカメラ。
  • 一眼カメラ  は画質が美しい。商品紹介、料理、美容などの動画に向いてる。
  • アクションカメラ は、動きながらの撮影。特に小型なので体にカメラを装着して使う事も多い。バイクや車に搭載、または釣り、アウトドアの撮影に向いてる。

 

ざっくりこんな感じでしょうか。詳しくは後述記事をご覧ください。

 

スポンサードリンク

スマホ撮影をすすめる理由

ユーチューブ動画投稿を始める方はまず、スマホでの撮影が、良いのではないかと思っています。

理由は2つあります。

一つ目は、ーチューブ投稿は、案外続かないんですよ。

投稿はを始める大きな理由のところに、「ユーチューブなんて簡単そうじゃん」「これくらいなら自分でもできる、楽勝だ」と始める方が多くいると思います。

しかし実際やってみると、なかなか思うようにいかない。動画がまるで面白くならない。

それで早い段階でやめちゃう人が続出するんですね。

 

2つ目は、オーバースペックを避けるため。

オーバースペックとは、過剰性能といった意味合いですが、じっさいに動画の企画を立て、カメラ撮影をして、はじめて、自分の動画には何が必要なのか、何が不必要なのかが、明確にわかってきます。

 

自分のやりたい動画は、ほぼ室内の自己撮りで語り物だから、ならば手振れ補正機能はいらないとか、ズーム機能は4倍とか、30倍とか機種によって違ってきますが、殆どズームを使うことがなければ、低いズーム機能で十分でしょう。

 

このブログをご覧の方は、スマホを所有されている方のほうが多いのかな、と思います。

まず買う必要のないスマホでの撮影からはじめれば、いずれその他のカメラを購入する時も、無駄のない、良い買い物ができますよね。

上記の2~4番までのカメラなら、一番安く買えるハンディタイプでも、3万円程度しますから。

 

言わずもがなですが、お金のない10代の方や、じっさいやってみたら自分の動画はスマホ撮影で十分だったと感じた方は、そのまま長くスマホだけでの撮影でOKかなと思います。

 

スマホの撮影能力を知ろう

古くないスマホは4K撮影もできます。

ズーム機能、手振れ補正機能も付いている機種もあります。

ビデオカメラ(ハンディタイプ)に劣らない、基本性能を、スマホも一通り持っているわけなんですね。

 

ただし、4K撮影は容量が大きく、スマホの限られた内部ストレージを圧迫するので、フルHD(1920×1080)などのもっと下の画質での撮影が望ましいでしょう。

ズーム機能や手振れ補正機能も、やはりビデオカメラ(ハンディカム)よりは基本的には、性能が劣ります。

 

スマホ撮影の基礎

スマホの撮影性能は、ビデオカメラやデジタル一眼カメラには、劣ります。

ただ上記のように、基礎撮影能力は十分に有していますし、その性能も上がって、安いコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)にひけをとらないほどになっています。

 

撮影の基本テクニックさえ押さえておけば、問題のない絵が撮れるわけなんですね。

ただしスマホ撮影において、やはり購入した方が良い道具が2つあります。

以下の商品にはアマゾンリンクが張ってあります。

高価格で、高評価商品でなく、いずれも低い価格帯の、星印が多い、商品を選んでいます。

一つ目は三脚です。

ユーチューバー御用達のManfrotto(マンフロット)の三脚。


【Amazon】Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B カメラ用

まずはミニ三脚。デスクの上などにおいて、自己撮りするときに必要ですね。

ただしスマホを使うときに、アダプター(接続具)が必要になります。


【Amazon】Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP

 

このマンフロットの三脚は、足を畳み、それを写真のように包み持つことで、四角て薄い、スマホを直接握るよりしっかりとつかむことができ、屋外での撮影時に手振れを少なくすることもできて一石二鳥の三脚です。

マンフロット

 

もし、ソファーなどに座っての自己撮りする場合は、ミニ三脚では高さが足りないですからこちらを。


【Amazon】Manfrotto 三脚 COMPACT Action フォト・ムービーキット アルミ 5段 ブラック MKCOMPACTACN-BK

大事なのは目線

 

三脚をすえて、安定的に自己撮りができるようになっても、大事なのは目線です。

 

カメラ位置がやや低く、見下ろす形になると、視聴者は威圧感をおぼえますし、逆にカメラ位置が高く、目線が上を向く形でも、視聴者は居心地が悪いものです。

ほぼ目線が水平になるように調整しましょう。

もしミニ三脚の高さが、若干足らない場合は、三脚の下に雑誌などをかませてやりましょう。

 

そして有名な日の丸構図を踏襲して、自分を画面中央に置きましょう。

 

写真の構図

 

映るのはバストアップ。(胸から頭まで)

ときおり頭が上に切れてしまっている人がいますが、頭最上部が見切れないように注意です。

テロップや説明をよく出す人は、かぶってしまうので、画面中央でなくともOKです。

 

絶対に必要な2つ目の道具

それは照明です。

薄暗い画面というのは、全体の印象そのものが暗くなりますから、明るい画面作りをしましょう。

明るさと言うのは、人の心理に与える影響はかなり大きいですよね。

照明の明るいレストランはそれだけで清潔でおいしそうに感じますし、店内照明が暗いと、お店に入るのがはばかられます。

 

昼間は、室内でも太陽光の多い場所の撮影場所で、撮影をすること。

暗くなったら、天井照明だけでは、明るさの絶対値が足りないので、デスクスタンドの光を使える場合は、それも試してみましょう。

 

ただし、やはり照明はまず必要な機材となります。

スマホでの動画投稿を続けるなら、早めに買った方が良いかなと。

 

三脚で、撮影の足場を固め、照明で明るい画面作りに成功すれば、番組として合格点のクオリティとなるはずです。

下の商品は、ソエジマックスさんのYONGNUO社【YN600Air LED ビデオライト】の解説動画。

 

このメーカーのひとつ前の型(YN600L)は、LED発光の熱を抑えるために、ファンの音が、撮影の邪魔になっていたのですが、新作はファンがついておらず、ノイズ問題はなくなったとのこと。

 

 


【Amazon】YONGNUO YN600Air LED ビデオライト 3200K 5500K SMD LED搭載 超薄 カメラ ビデオカメラ用 補助照明 撮影用 Canon Nikon Olympus Pentax Panasonic などカメラに対応 フラッシュディフューザー付き

 

照明としては激安価格なのですが、AC電源アダプターはついていないようです。

【Amazon】AC電源アダプター Yongnuo YN-600用 12V 5A PSE認証済 充電器 LED ライト用

他にも、スマホ撮影で、あったほうが良いもの、補足商品などを見てみましょうか。

外歩きする人はあったほうが良いかも

自撮り棒。

定番ですが、街中を自己撮りをしながら歩く動画などでは、あった方が良いですね。


【Amazon】TaoTronics 自撮り棒 セルカ棒 Bluetooth無線 シャッターボタン付き iPhone/Android対応 TT-SH10

外付けマイク

スマホは総じて、マイク性能が低めです。撮影機としては、弱点なんですね。

iPhone iPad のみの対応ですが

Ohuhu コンデンサーマイク


【Amazon】Ohuhu コンデンサーマイク 高性能 エレクトレット スタンド クリップ 付 iPhone iPad 対応

 

近距離で大人数が撮れる広角レンズ

スマホに簡単装着で、画角が広くなります。

iPhone/Android対応 です。


【Amazon】Mactrem スマホ用カメラレンズ 0.45倍広角と12.5倍接写 120°視野角 5cm超大口径 クリップレンズ ケラレなし iPhone/Android対応

スマホでユーチューブ動画撮影まとめ

まだまだ他にも、スマホの撮影を補助する道具はあります。

ただし、三脚と照明の2つさえあれば、安定した絵作りができると思います。

三脚と照明は、ハンディカムや一眼レフカメラに乗り換えた時も、そのまま使用できますしね。

今回紹介した、三脚はアダプター(スマホ装着具)をつけても3千円ちょいですし、照明は破格の1万円を切っているような極めてコスパのいい商品です。

この他にも、スマホは手振れに弱いですから、ジンバル(電動安定化装置 ゆらゆら補正してくれます)などもあります。

ただ少しお高くて、1万7千円。ジンバルを買うなら、手振れ補正の優れたハンディカムを、お金を上乗せして買った方がよいかもしれません。

Amazon 【日本語取説付き&電波法認証取得&一年間保証&正規品】 Zhiyun Smooth-Q 3軸 ハンドヘルド ジンバル スタビライザー 手持ち式 パノラマモード ワイヤレス制御 3.5 “〜6″スマートフォン 手ブレ防止 より安定感 クリーンキットセット付属 iPhone/Android両対応 (ブラック)

次回記事は、ユーチューブ動画投稿において、最もメイン機種となるだろう、ハンディカムと、一眼レフの特徴と、違いについての説明となります。

スポンサードリンク