音符

 

こんにちは、当ブログ、「You Tuber養成ギブス」  管理人のKと申します。

今回の記事は、動画を制作するうえでとても重要な、音楽(BGM)や効果音などの素材サイトの紹介です。

写真、イラスト、音楽、映像といったいわゆる素材サイトは、ネット世界の商業化の成熟によって、ここ数年で目覚ましく、充実してきています。

使用する側からしてみれば、選びたい放題という、うれしい悲鳴状態でもあります。

 

ただし、音楽素材サイトを使う際の注意点があります。

ユーチューバーが音楽素材無料サイトを選ぶ際、【著作権フリー】【商用利用OK】 の2つの条件は欠かせませんよね。

ただし、管理人(運営者)が変わるなどして、 【著作権フリー】【商用利用OK】のルールが、有料化、一部有料化、商用利用不可、商用利用一部不可などにルール変更されてしまう可能性もあるわけなんですね。

 

ならば、変更があった時点で、そのサイトの使用をやめればいいわけですが、すでに使ってしまっている(動画に使用している)素材の扱いはどうなるのか?

使用料が、後追いで発生しないのか?

もし使用料を払わないのなら、動画に使用した音楽を張り替えないといけなくなるのか?

その可能性は低いにしても、面倒な事態になりかねないわけなんですね。

 

 

そこでお勧めするのが、ユーチューブ オーディオ ライブラリなんですね。

ユーチューブ運営が無料で提供してくれている、音楽素材サイトで、1000を超える潤沢な音楽が用意されています。

ユーチューブ運営が提供しているわけですから、ユーチューバーに不利益なルール変更もないでしょう。

素材のボリュームも十分ですし、安心して長く、使えるわけなんですね。

 

スポンサードリンク

オーディオ ライブラリーの使い方

あえて、説明をするまでもなく、直感的に使うことができるはずです。

 

[クリエイター ツール ] > [作成] > [オーディオ ライブラリ] の順に、移動します。

 

オーディオ ライブラリ

(このリンクからでもユーチューブにログインしていれば、飛べます)

 

画面1~6

 

図の1~6まで説明していきます。(スマホでは見づらいかな。すいません)

  音楽と、効果音の切り替え

 

  ここは(主に)どんな曲がいいのかの選定ボタンになります

【トラック】 (トラックとは曲のこと)お気に入りボタンを押して画面切り替わったとき、再度、曲が並んだ状態(デフォルト)へ戻す時くらいしか使いません。

 

【お気に入り】お気に入り登録した曲がここへ登録されています

【ジャンル】 ▼を押すと、プルダウンメニューによって、ジャンルが示されます。

【気分】▼を押すと、プルダウンメニューがでてきます

【楽器】▼を押すと、プルダウンメニューがでてきます

【長さ】▼を押すと、プルダウンメニューがでてきます

【帰属表示】 ▼を押すと、プルダウンメニューがでてきます(ここは説明が必要なので、下の章をご覧ください。要チェックです

 

  押すと曲が流れます。(どんな曲なのか? 試聴ボタンですね)

  帰属表示が必要なマーク(この後の章で詳述しています)

  ダウンロードボタン

  お気に入りボタン

 

5分も適当に使ってみれば、やり方はわかると思うので、これ以上の説明は控えます。

 

クリエイティブコモンズ ライセンスの人型アイコンには注意が必要!

オーディオライブラリーの半分程度の曲には、男子トイレにはられているような、人型のアイコンがついていますよね。

人型

 

これはクリエイティブコモンズが発行したライセンスアイコンで、クレジット(作者名 作品名 権利名)などの表記が必要となります。

クリエイティブ コモンズ
ネットの拡大にともない、デジタル著作権のルール普及を目指す国際的組織&プロジェクト。作者が「原作者表示」「改変不可」などの条件を選んで、作品の利用許可を表明する。

 

動画をアップロードする際の説明欄に、ユーチューブに指示された内容(複数のクレジット)を、書かなければなりません。

しかし、これが実に鬼のようにわかりづらいんですよ。

スマホだとスクリーンショットでは、わかりづらい方もいると思うので、その表示部分を文字で起こすと

 

 

この曲は動画でご自由にお使いいただけますが、以下の帰属表示を動画の説明に必ず明記してください。

__アーティスト__の__タイトル__は、__ライセンス名__ライセンス(__ライセンス_url__)でライセンス付与されています。

ソース: __トラック_url__

アーティスト: http://incompetech.com/
(青部分はライブラリーでは、リンクがかかってる状態となります)

 

 

と、出てくる。

謎ですよね?

これでわかったよ、ボス! と一発理解できる人がどれだけいるのか。

無駄に多いアンダーバーで範囲がそもそもわかりづらいし、説明も、えらく不十分なんですよね。

謎の地図を 埋めていきましょう!

 

 

1.アーティスト名、 2.曲名  

3 ライセンス名  4 ライセンス

5 ライセンス_url   6アーティスト:

6つ書き込むところがあります。

 

名前と作者名

 

アーティスト名は、分数の横のところにでています。それをコピペ。

 

曲名は、再生ボタンの横のところにでています。それをコピペ。

 

つぎはライセンス名ライセンスについて。

 

まず、(リンクのはられた))ライセンス_urlをクリック。すると、リンク先(クリエイティブコモンズ)へ飛びます。

クリエイティブコモンズ

 

上段にある緑枠が ライセンス名となります。(ここはコピーできないので打ち込みましょう)

 

■ ライセンス名(ライセンスを発行する組織名ということですね) creative commons

 

そこで発行されるライセンスパターンは赤枠部分になります。(ここをコピー)

■ ライセンス  Attribution 4.0 International (CC BY 4.0)

 

// 黄枠の意味は下に説明しております。

 

ライセンス_url(楽曲がおさめられているサイト)これもリンクが張られているので、そのリンク先へ飛んでください。その飛んだサイトのURLをコピーします。そのコピー(URL)を説明欄に貼り付ける。

アーティスト は、そこにはられているURLをそのままコピーして、説明欄にはりつければOK。

 

Attribution アトリビューション 帰属の意味。

 

 

一度、このケースで具体的に書いてみましょう。

▲ Loss  2.13  Kevin MacLeod  クラシック 

 

Kevin MacLeod の Loss は、

creative commons  の

Attribution 4.0 International (CC BY 4.0)  でライセンス付与されています。

ソース

http://incompetech.com/music/royalty-free/index.html?isrc=USUAN

アーティスト

http://incompetech.com/

 

黄色帯を引いた6つを上記のように、文章の中に、埋め込んで、説明欄に張れば、完成です。

 

 

ところでクリエイティブコモンズのサイトへ飛ぶと、このマークがしるされていると思います。

改変もOK

クレジットをきっちり記すことで、改変や、営利目的もOKという意味になります。

動画でわかりやすく、説明されている方がいます。

上の文字の説明と基本的に同じ内容になりますが、張っておきますね。

 

帰属アイコンのあるものは必ず、クレジットを入れること

クレジット表示が必要なものは、必ず従って表示してください。

表記していないと、警告や動画削除の可能性もあります。

この一連の作業が面倒な人は、人型マークのない楽曲を選びましょう。

半分以上がドフリー物件ですから、特に困りはしないと思います。

これはオーディオライブラリに限らず、要クレジット表記の条件のつく他の音楽素材サイトを使うときも、必ずクレジットは入れないといけません。

 

クレジットを入れるならば、こちらも宣伝となるから、使わせてあげましょう、といったトレードオフ的なやり方ですからね。

 

先般、大手のチャンネルが、長くクレジット表記を怠っていて、視聴者の通報により、結構な数の動画が削除となったケースもあります。

大人のルールとしてしっかり守りましょう。

 

効果音ならこの素材サイト!効果音ラボ!

オーディオライブラリは、素材の豊富さや、利用規約が今後もユーチューバーの不利益な変更はないといった利点があります。

ただし、効果音は弱いです

数そのものははたくさんあるのですが、効果音の見出しが、英語表記になっていて、とっつきづらいです。

【Dragging Over Wood Floor Series】

【Skateboard Trick And Crash】

これじゃあ・・・どんなシュチュエーション??、どんな音なのか??毎回、再生ボタンを押さないと、ピンと来ない。

 

効果音なら、このサイトです

効果音ラボ

とてもユニークな音源と、見出しのわかりやすさが魅力で、なんと 声素材まで備えています。

たとえば、武器という項目。

■ 剣で斬る1 重い衝撃

■ 剣で斬る2 ブシュ

■ 剣で斬る3 グアッショ

■ 剣で斬る4  ズババッ

■ 剣で斬る5 グショ

■ 剣で斬る6  鋼鉄を両断

■ 剣を抜く 鋭く響く金属音

■ 剣の戦い  激しく何度も打ち合う

・・・・まだまだ剣だけで、たくさんあります

ときに擬態語も織り交ぜながら、実にわかりやすい見出しとなっています。

 

 

声素材もあるよ

■ 主人公の熱血剣士 年齢17歳

■ 僧侶見習いの女の子 年齢15歳

■ 冷静な魔術師  年齢18歳

■ 真面目な女剣士  年齢17歳

■ 盗賊の少年  年齢11歳

■ 高飛車な魔女  年齢23歳

■ 幼い王女  年齢10歳

■ ネクロマンサーの老婆 年齢80歳

7人のキャラクターを7人の声優さんが演じています。(たくさんのセリフが用意されています)

若い剣士

 

 

利用規約についても、実にわかりやすい平明な言葉で説明がされています。

素材の有料化などの、変更についてもその可能性がまずないこと、有料化前にダウンロードされた分は永久に無料で使えるとの明記もあります。(質問集、FAQにて)

ただし、私サイトですし、利用規約とFAQ(質問集)はしっかり読みましょう。

 

ボーカル入りの楽曲サイト

音楽素材サイトの楽曲の多くが、ボーカルのない楽器演奏のみの楽曲です。

ここは、ボーカル入りの楽曲が何曲もあるんですね。サイト運営者のKOUICHI(森田交一)さんが作詞と作曲を手掛け、ご本人のボーカル作品と、女性ボーカルの歌もあります。

魔王魂

音楽自体が、ユーチューブに上がっているのでひとつ紹介します。

シャイニングスター
作詞作曲:森田交一
唄:詩歩

 

こんな楽曲がフリーで使えるのはありがたいですよね。

そしてこのサイトも、利用規約が堅苦しくなく、実に平明に書かれています。

やっていいこと、わるいことが、手に取るように理解できるはずです。

こういった運営者のフレキシブルな姿勢も、サイトの好感につながります。

 

最後のおすすめ音楽サイト

6700以上の圧倒的な音楽素材を備える、大手の音楽素材サイトです。

DOVA-SYNDROME

 

サイトはとても見やすく整理され、使い勝手もいいサイトです。

その規模からも、もっと上で紹介をしようかと思ったのですが、ユーチューブの動画に対して、誤った「著作権侵害の申し立て」が複数、行われた事がありました。

その後きちんとした謝意が述べられ、悪い対応ではなかったのですが、わりと最近の出来事でもあり、超お勧めとするのは、どうかなぁと感じて、最後の紹介とすることにしました。

 

音楽素材サイトの利用規約や、FAQ(質問集)は必ず目を通すこと

DOVA-SYNDROME のFAQ(質問集)は、こんな一例が記されています。

 

Q  ユーチューブの「収益化プログラムで(つまり広告を張って)」BGMを利用しても問題はないですか?

A  BGM利用は問題がありません。ただしBGM使用は、作品でなければつけてはいけません。

 

つまり、作業用動画のBGM環境映像的なBGM駄目だということなんですね。

BGMが主体となるような動画は使用禁止の対象となるわけです。

 

たとえば、始めから、終わりまで、南洋の美しい海岸だけが定点カメラで映っている映像。

そこに、DOVA-SYNDROME からダウンロードした音楽をつけていると、著作権侵害の警告が届く可能性があります。
こんな映像は作品ではなく、いわゆる環境映像や、作業用動画の類でしょうからね。

利用規約および、FAQ(質問集)は良く読み込みましょう。

 

You Tube においての音楽素材の使い方

オーディオライブラリをベースに、効果音ラボ、魔王魂、DOVA-SYNDROMEなどのサイトを、補完的に使用していくのが、良いかなと思います。

ただし、音楽使用にあたって大事なのは、他サイト、特に大手のチャンネルと、同じBGMや効果音をなるべく使わないことです。

大事なのは、自分のチャンネルの差別化と個性ですからね。

個性を打ち出せる、素敵な楽曲を探し出しましょう。

 

スポンサードリンク