こんにちは、当ブログに潜む男、たたずむ男、寄り添う男、微苦笑する男 管理人のKと申します。

超初心者向けの、アフィリエイトブログ、入門記事。

この記事が、第五話目となります。

前回までは、アフィリエイトブログ立ち上げまでの手順を、順を追って書いてきました。

こんな流れ。

 

ワードプレス立ち上げまで

 

 

アフィリエイトブログ 記事作成が先か? 広告の勉強が先か?

さて、ここまできますと、いざブログ記事を書き始めるノウハウ&実践編と、アフィリエイト広告の説明と、広告を張る手順などの説明の2大路が残されております。

 

ふむ、記事作成か?

いや、広告の話か?

 

と、しばし考えましたが、一番、無駄のない効率的な流れからいいますと、やはり、ブログ記事について、先に説明をしてまいりたいと思います。

 

はっきり言って、ドメインやサーバーを借りて、個人商店としてのブログを立ち上げた際、はじめの2~3週間はまるで人が来ません。(無料ブログの方が一般的に最初のアクセスのかかりが良いとされています)

まず、検索エンジンに、ブログ自体がなかなか認識されませんし、アップした記事も認識され、インデックス(登録)されるには、相当なタイムラグが必要となります。

 

ご自分のペースで記事を積み上げながら、それと同時に、徐々に広告の知識を仕入れ、さまざまな広告仲介業者に、ブログの審査を申し出るのがいちばん無駄のない賢いやり方のように思います。

 

そしてクリック型広告のグーグルアドセンスや、その他のASPや、物販の雄、アマゾンアソシエイトなども、少ない記事では審査が通らなくなってきております。

とりわけ現状、アドセンスの審査はかなり厳しく、しっかり作りこまれた、ブログでないとまず合格となりません。

本気で、ブログをやる気があるかどうかが、静かに見極められているんですな。

 

早く申請しても、アクセスも微小で、そこから得られる広告収入は雀の涙ほどとなりますし、それゆえしっかりと記事を積み上げた後での申請があきらかに得策となります。

急ぐ者は、かくじつに損をします。

 

じっさい、このブログも、はじめからアドセンスを張ったりしても良かったのですが、30記事(3カ月以上)をアップするくらいは(アクセスも知れてますし)、広告も一切張りませんでした。

あなたが著名人であるケースや、ツイッターのフォロワー数が1万人以上の拡散力を持つ人物ならば、(直接読者を呼び込めますから))早い段階での、広告付けも多少は意味があるのでしょうが、そうでない場合、ブログの収益化はのんびり(2~3か月は申請しないくらいのスタンスで)でOKです。

 

広告は(特に多く張る行為は)基本的に、記事を見る者の、邪魔になります。広告を張ると、ページの表示スピードが遅くなり、離脱者が増えます。

だから30記事までは、張らなかったんですね。

 

さて、さて、投げ込み、走り込みばかりで、いささか、うんざりしていたあなた。

いよいよ、バッターボックスへ立つときがやってまりましたぜ。

その鋼鉄の黄金バッドをぶん回す時が来ましたぜ!

 

アフィリエイトブログを記事を書く上での、ポイントは何?

アフィリエイトブログで、まず何はさておき、肝心なのが、いかにアクセスを集めるかという極点です。

一人より、十人。

十人より百人。

百人より千人。

どうやって、たくさんの人に来てもらうか。

 

「来ちゃったっ!! うふふ」 と言わしめるのか。

いかに、客を呼び込むか、人気ブログに育て上げるか。

いわゆるブログ論&集客論については、あまたの書籍が出版されております。

物凄い数のブログ記事にて、語られております。

 

しかしながら、百家争鳴すぎて、わからなくなってしまうんですね。

記事を書くうえでの、人気ブログをつくる上での、ポイントが。

 

その答えを一筆書きで書いちゃいます。

かわさき

さらさらさらさら~

役に立つ記事を書くこと。

面白い記事を書くこと。

 

(((゚Д゚)))

ど、どうか、も、物を投げないように・・

 

恐ろしいまでに、単純ですが、最終的にはこの源流へ行き着きます。

 

ブログ運営がうまくいかないときは、小細工でなく、この源流へまず、立ち返ってください。

あなたのブログが人気が出ない、アクセスが集まらないというのであれば、それは自分だけ、役につ立っているはずだ、面白いはずだと勘違いしているだけです。

 

一つの記事を書くだけに、何十時間と勉強し、調査をしたことがありますか?

一つの記事で、何十回と推敲をしていますか?

もしそうでないなば、その記事は弱く、浅いはずです。

 

テレビで見たこと、本や新聞などで、読みかじったこと。

それを撮って出し的に、記事にしただけ。

それではオリジナリティはないに等しいです。

では、勉強をし、懊悩し、深く、強い記事をひたすら書いていく。

 

それだけでいいのか!

それで最強のブログができるのか!

というと、悩ましいですが、そうでもないんですよ、ブログの場合は。

これから先の出来事は、たぶん、きっとテストに出るところです。

この涙なしには語れない、痛ましい出来事を、まずは、しっかりと海馬に刻み込んでおいてください。

 

2017 初春 はてな事変 仮借なきアルゴリズムの矢! 多くの有力ブロガーが屍となった

みなさん、はてなブログ、ご存知でしょうか?

はてなブログは、FC2やライブドアなどその他の無料ブログといささか、趣を異にします。

 

はてなスター(グッドボタン的なもの)や、はてなブックマークなど、主にはてなブログ営む管理人を中心とした、相互扶助的なやり取りがさかんに見られるんですね。

上記のツールは、被リンクでお互いの記事を強くする、またはそのリンクをたどって、自分のブログを見てもらうことを眼目としています。

はてなすたー

 

良くも悪くも、とてもお隣さんとの付き合いが深い、ブログメディアでもあるんですね。

つまり、はてなビレッジというか、SNS的要素もあるブログ媒体なんです。

 

このマキャベリズム的特殊性もあってか、はてな村の住人は、意識と野心の高い人がかなり多く集まっており、一月30万PVを超えるような、力のある書き手が多く存在します。

そして、力と野心のあるのある書き手は総じて、精力的に記事をあげておりますから、ますますアクセスは上っていきます。

 

じっさいですね、「僕のブログ、月アクセスがこれだけ増えてますけど、なにか?」的な、業務報告にかこつけた、自慢&煽情の景気のいい花火記事が、ドカン!ドカン!と各所でよく打ち上げられておりました。

 

ただ、このはてな栄華の時代も、風雲急を告げるのです。

この文豪ならぬ、ブロ豪たちは、ある時を境に、のきなみ、アクセスを大きく落とし、没落貴族と化したんですね。

 

その理由の一つにグーグルのアルゴリズムサイトへの評価基準)のアップデートにより、相互扶助的(悪く言えば、営業的))なはてな特有のブログのやり方が、マイナス評価を受け、はてなブログの住人の記事が飛ばされた(インデックスを下げられた)との見方があります。

 

この変動は、ドーハの悲劇ならぬ、はてなの悲劇と呼ばれています。

たぶん・・・呼ばれています。

呼ばれていると信じたいです。

 

で、このはてなの悲劇が起こった理由は、グーグルアルゴリズムによるものだけなのか?ということです。

僕はそうではない!と力強く考えています。

 

文才のある強い書き手が、ごりごりと記事を書くものの、がりがりとアクセスを削られていく、謎。

それはなぜか・・・

みなさんも考えてみてください。

僕は、こう考えています。

カニバリゼーション

かわさき

かに道楽とちゃうよ

カニバリゼーション

 

そう、共食い現象です。

 

はてなの住人は、収益第一主義の専業アフィリエイターは少なく、基本的に日記や雑記に、(儲けは少ないが、比較的収益化が簡単とされる)アドセンスを中心とした広告を張るといった、包丁一本で勝負する料理人、ソフトアフィリエイターが殆どです。

 

かわさき

この、日記や雑記というのが問題なんですね

 

日記や雑記と言うのは、新しい情報や経験の訪れをもとに、今、感じたこと、考えたことなどを即興的につづっていきます。

つまり書く内容と言うのは、無計画な行き当たりばったりのものになるんですね。

 

と、なるとどうなるか・・

そうなんです。

 

同じような、似たような記事が自然と、量産されていくわけですよ。

 

たとえば、【ブログ SEO】 と言うワードで、検索1ページ目に表示され、毎日その記事だけで400人以上の人がきてくれるお宝記事を持っていたとします。

ただし、その後も、ブログのSEOに関しての、記事を新しく仕入れた情報をもとにして無計画に5個、10個、15個と積み上げていくと、同じ書き手の記事ですから、記事のタイトルやその内容など、どーしてもかぶってくる部分も、それなりにでてきます。

 

するとせっかく1ページに表示されていたお宝記事が、票を分け合い、結果として記事のインデックス順位が2ページ目、3ページ目へと沈下していく。

 

そうなんです。

カニバリゼーションとは、手の内を知り尽くした、おのれの分身と戦うことなんですよ。

 

良質な記事を書きつづけることが、ブログ成功の最大の近道であったとしても、計画的にサイト構築をしていかないと、ブログが脆弱化する可能性があることを理解しておく必要があります。

はてなの悲劇の原因は、そのブロ豪の多くが、雑記や日記系住人であったところ。

 

通常、新しい有益な情報が入ったとき、それに類するしっかりとした強い記事をすでに持っていれば、その過去記事に新しい情報を加筆するのが正解です。

記事を加えたあと、全体をさらに読み直し、古くなったいらなくなった個所を削り、ブラッシュアップをはかれば、強い記事は、さらに強く素晴らしくなります。

 

ただし、更新頻度の低い特化型サイトと違い、有名な日記や雑記系ブロガーは、お気に入り登録している方の数も多く、新しい記事の更新を、今か、今かと楽しみにしています。

だからこそ、昔の記事だけをひっそりこっそりと、加筆するわけにもいかず、新着記事として、もうひとつの分身記事を書かざるをえない事情もあるのでしょう。

かわさき

つらい、つらいでんな

 

良質の記事を書くこと。

サイトを強くするため、グランドデザインをひいて、じつに計画的にサイト構築をしていくこと。

この2点をまず、アフィリエイトブログつくるうえでの、なによりの座右の銘とするべきだと考えています。

 

良質な記事が最大の武器となる。

けれど、闇雲に方向性、統一性乏しく、書き続ければ、その武器は劣化します。

 

ブログの書き方、第一話目、いささ抽象的になってしまったかもしれません。

申し訳ありません。

次回からは、アクセスを集めるもっと具体的な話に入りましょう。次記事が第六話目になります。

はてなの悲劇その後

はてなブログの、住人はそのドメインパワーの低下から、その後、ワードプレスへの移行された人も、多かったようです。今からはじめてブログをやられる方は、サーバーを借り、始めからワードプレスでのブログ制作をお勧めいたします。

管理人おすすめサーバー!

これから有料ブログ&アフィリエイトブログを始めようとされる方。

サーバーはエックスサーバー、テンプレートは賢威がお勧めです。

かわさき

完全に片手間にはじめたブログ素人の僕ですが、夜の空き時間で、エックスサーバと賢威で副業化できています

ちば

やり方、始め方がわからない方は、問い合わせより気軽にお声掛けくださいね

エックスサーバーの記事は こちら



エックスサーバー

管理人おすすめテンプレート
かわさき

WEB制作のイロハも知らぬ、ずぶの素人の、ブログですが、テンプレート賢威のおかげで、やれております

賢威の良さは、下の記事で説明しております。

こちら



賢威

アフィリエイトブログ サイトマップ

始め方

初心者向け!ブログ収入を得るアフィリエイトサイトの作り方&始め方

アフィリエイト【有料ブログ】をつくる手順(順番)を簡単解説!

ワードプレス人気の理由?初心者向けのプラグインをインストールしよう

ワードプレスとテーマの合わせ方!有料テンプレートと無料テンプレート



記事の書き方&SEO

アフィリエイトブログの記事の書き方!力あるライターほどアクセスが減る check

今すぐできる!アクセスの増えないブログ初心者がやるべき5つの改善策

最悪ブロガー村上春樹!わいの鉄板ブログSEO対策を見るがいい! check



広告

【ブログで稼ぐ】ASPへ登録の仕方! 広告の種類は3つ!

グーグルアドセンス審査合格への道!取得後のNG行為まで一挙に解説 check

稼げないのは嘘!アマゾン&楽天 物販系ASPの広告戦略



サーバー&その他

商用ブログはエックスサーバーがお勧め!高速性・安定性が抜群

画像編集・テーブル・円グラフ。簡単操作&会員登録不要の便利サイト