こんにちは、当ブログ管理人のKです。

ユーチューブを始めるときにまず必要なのが、何さておき、カメラになります。

 

カメラにはどんな種類があって、それぞれどんな特性があるのか?

そして、最終的にどのカメラを選べばいいのか。迷いますよね。

前々回は、スマホの動画撮影について語りました。

そして前回は、ハンディタイプのビデオカメラと、デジタル一眼カメラについて、その2つを比較しながら説明しました。

 

今回は、アクションカメラ。

アクションカメラは、ウェアラブルカメラとも言います。(ウェアラブルとは、身につけるの意味)

では前記事と同じく、まずは撮影カメラには、どんな種類があるのか見てみましょう。

たくさんのカメラの種類

1. スマホ

2. ビデオカメラ(ハンディタイプ)

3. デジタル一眼カメラ(一眼レフカメラも含む)

4. アクションカメラ

5. 業務用カメラ

ユーチューブで業務用カメラを使用する人はかなり少ないと思われますので、実質4種類のカメラの中から、選ぶということになりますね。

 

スポンサードリンク

アクションカメラの特徴

アクションカメラは、小さい、軽い、頑丈、水に強い、広い画角 などが他カメラにはない特徴です。

そしてこれらの特性は、撮影者が動いているときに、その力を最大に発揮します。

美しい4Kを撮れるスマホや一眼カメラでも、ガタガタと猛烈に揺れる、モトクロスバイクからの撮影には、機械壊れがまず不安になりますし、強力な手振れ補正を有する、ハンディタイプのビデオカメラも、ヘルメットに装着するには、明らかに、重く大きすぎます。

 

その特性から、こんな状況下で使われることが多そうです。

 

バイク・車、自転車に搭載

スキー  スノボ

釣り アウトドア活動

スキューバ  サーフィン  ウインドサーフィン

ロッククライミング 山登り

スカイダイビング  バンジージャンプ

陸 海 空 場所を問わず、動きあるところに、アクションカメラありといった趣です。

 

ユーチューブの動画のメイン機種は、ハンディタイプのビデオカメラと、デジタル一眼だと思いますが、これらと決定的に違うのは、やはり大きさですよね。

アクションカメラはYシャツの胸ポケットに収まりますが、どうまちがっても、ビデオカメラも一眼カメラも入りきらないですからね。

ちなみに、Go Proの最新作 Gopro Hero6 の大きさは、3.2 x 6.2 x 4.5 cm ; 118 g となってます。(動画撮影で人気の一眼レフ GH5は1.3キロあります)

まずはアクションカメラのメーカーのシェアを見てみましょう

 

メーカーの国内シェア

アクションカメラ

やはり、アクションカメラの代名詞、Go Pro がかなり強く人気ですね。(Go Proは Woodman Labs社というアメリカの会社の商品です)

高性能なカメラ機能を備えたスマホの台頭により、コンパクト型のデジタルカメラが大きく、売り上げを下げる中、小型カメラの一員でもある、Go Proだけは人気です。

Woodman Labs社はまだ若く小さな会社ですが、Go Proのスマッシュヒットにより、アクションカムの可能性を感じた大手カメラメーカーの巻き返しもありそうですね。

国内シェアを見ると Go Pro のあとに、ソニー パナソニックと続いています。

メーカ別のアクションカメラ

アクションカメラのメーカー

3社を比べてみましたが、色や形状が見事なまでに、差別化されていますね。

(パナソニックの2つは同一商品でなく、別々のタイプの商品です)

 

マッチ箱型のGo Pro

縦長おじさん SONY

ペンシルタイプのパナソニック

 

性能面だけじゃなく、見た目のかっこいよさや、使いやすいさも、大事なポイントですよね。

みなさんはどのタイプが、かっこいいなぁと思われますか。

主観になりますが Go Pro 人気のひとつにはこのマッチ箱型の形状にあるのではないのか、と。

見た目の安定感があるし、アクションカメラを体に装着する場合、頭、腕、胸あたりになるわけですが、マッチ箱型だと、どこでも無難に装着可能ですよね。

Go Pro のまねと言われても、マッチ箱型に寄せたほうが良いのではないかなぁ、と。

形状としてマッチ箱型に、優位性があると感じます、はい。

 

アクションカメラにおいて、知っておいた方がいい言葉と知識

マウント

連結する部分といった意味ですが、アクションカメラにおいては、カメラを固定する台座のことと覚えておいた方がわかりやすいでしょう。(さまざまなマウントがあります。)


アクセサリー

付属品や関連商品的な意味合いで使います。上記のマウント(台座)も広い意味を持つアクセサリー(関連商品)の中に、含まれるとも言えますね。


ハウジング   防水ケース


タイムラプス

一定間隔で撮影した静止画を、つなげることでぱらぱら漫画のような、動画をつくること。空の雲の移り変わりや、スクランブル交差点の人の流れなどの動画をよく見かけることがありますよね。


光学手振れ補正と電子手振れ補正

メカニズムはさておき、光学手振れ補正の方が優れているの一点だけ、おさえておきましょう。(空間光学手振れ補正はSONYが開発)


フレームレート

1秒間の間に、何枚の写真で構成されていいるか。30fpsなら30枚の写真。 60fpsなら60枚の写真。枚数が多い方が(パラパラ漫画同様の原理で)滑らかなヌルヌル動画ができあがります。特に他ジャンルと違い、動きのある被写体のスローモーション再生を行うさいにも、このフレームレートが大きく関係します。


熱暴走

暑い中での使用、長時間(連続)使用などにより、半導体が熱を持ち、作動しなくなることがあります。(特に防水機能が標準装備のアクションカムは気密性が高く、熱がこもりやすいのでしょうね)


4Kとフルハイビジョン

解像度=画像のきめ細かさ に関する言葉です。 4Kだと、3840×2160ピクセル  フルハイビジョンだと、1920×1080ピクセル  ハイビジョンだと1280×720ピクセル。ピクセルは点の意味。4Kのように大きな数字の方が細密な美しい絵になります。(Kは1000の意味。3840なので約4000だなぁということで、ざっくり4Kと言い習わしています)


さてさて、では実際どれを買うか

ユーチューブの動画投稿において、スマホから始める(You Tube)の動画投稿という記事で書いたように、なるべく安価に、動画投稿を始めるのがグッドだと考えています。

ただ、バイクや車、自転車などに搭載し、流れる景色を映す際にも、サーフィンやスノボなどの躍動するスポーツシーンなどでも、アクションカメラの使用については、やはり美しい滑らかな映像の方が、視聴者の盛り上がりは違うだろうなと感じます。

アクションカメラは1万円を切る(主に)中国製のカメラもあります。(見た目はどれもかなり Go Pro に似ています。というか明らかに、寄せてます)

ユーチューブへの投稿を前提とした、広く他人に見てもらう動画撮影では、以上の理由から3万以上のちゃんとしたメーカー品を買った方が良いのではないかと。

買う際のポイントを上げてみましょう。

 

  • 4K対応か?(フルハイビジョンでも全然OKかと思います。ただ4Kを望む人は、対応かどうか要チェック)
  • 画質は?(Go Pro の撮像素子(映像の良しあしを決める部分)は未公表です。撮影された映像や評判で判断するしかありません)
  • フレームレートは?
  • 手振れ補正は?( Go Pro hero6 の手振れ補正は電子式、 SONY FDR-X3000 は光学式です。/ そもそも手振れ補正がない機種のほうが多いです)
  • 防水機能は?
  • 見た目と、重さは?(体に装着の場合、10グラムでも軽い方がよいですよね)
  • 操作性は? (本体の液晶パネルで映像が確認できるタイプと、WIFIでスマホから映像を確認するタイプなど)
  • アクセサリーの充実具合(これはGo Pro に軍配があがりそうです)
  • 値段(単純価格でなく、コスパ的なものは?)

 

 

カメラを購入する際は、総合的な判断にもとづいて、どれにするか決めることになるでしょうが、最新型でなくとも、ひとつ、ふたつ前の型であっても、自分の望む条件をクリアーしていれば、問題ないと考えます。

譲れない機能が最新型にしかない場合は別ですが、そうでない場合、むしろ型落ちの方が安いのでお勧めです。

Go Pro  を例にとると最新型は HERO6 で 発売日:2017年 9月29日。その前の型の HERO5(発売日 2016年10月 8日)は性能面でそこまで変わらないですが、価格は1万2千円程度安いです。

1~2年前の型でも、結構いけるよ~って感じなんですよね。

 

GoproHero5BLACKとSessionの違い!

ウズさんが、とてもわかりやすく説明してくださっています。

■ HERO5 BLACK 発売日 2016年10月 8日

Hero5BLACKには、 HERO5 BLACK CHDHX-502 と HERO5 BLACK CHDHX-501-JP と(501 と 502)2パターンあります。発売日が少し違うのですが、性能の差はないようです。

 

■ HERO Session CHDHS-102-JP2   発売日:2016年 4月22日

Session は HERO5 Session CHDHS-501-JP(4K撮影OK・発売日:2016年10月15日)と、4K撮影はできない HERO Session CHDHS-102-JP2(発売日:2016年 4月22日)があります。

同じキューブ型ですが、ウズさんの紹介してるのは、後者の 4K撮影はできない HERO Session CHDHS-102-JP2 ですね。

 

■  商品比較だけでなく、HERO5 BLACK の実際の映像や、特徴などの説明もされています。

 

 




【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502



【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO Session CHDHS-102-JP

HERO5とHERO6のスペックの違いとは?

こちらは、ショウ子さんが紹介してくれています。

■ HERO5 BLACK 発売日 2016年10月 8日

■ HERO6  発売日:2017年 9月29日

 




GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 BLACK CHDHX-601-FW

GoPRo HERO6 vs SONY FDR-X3000 手ぶれ・画質比較!

こちらは Mikasuさんが、電子式手振れ補正の GoPRo HERO6 と 空間光学式手振れ補正を採用しているSONY FDR-X3000 の比較検証動画です。

実際、録画した映像での、わかりやすい検証をしてくださっています。

 

■ SONY FDR-X3000 発売日:2016年 6月24日(4K撮影OK)

HDR-AS300 というお尻に300のつくタイプもあります。こちらはフルハイビジョン対応機種です。

 

 

う~ん、SONY の技術力の高さを感じます。

この動画で紹介されたのは SONY FDR-X3000 発売日:2016年 6月24日(4K撮影OK)。

4Kは撮れませんが(フルハイビジョンまで)ですが、HDR-AS300(発売日:2016年 6月24日)も同じ光学手振れ補正搭載で、とても商品評価の高いカメラです。



ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)



ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

アクションカメラの醍醐味! HERO3 の撮影少し前のサーフィン動画
スポンサードリンク