砂漠

 

こんにちは。

ユーチューバ―養成ギブスへようこそ。

当ブログ管理人、Kと申します。

今回の記事はユーチューブ基礎講座編【第十話目】となります。

 

動画のクオリティにはそこそこ自信があるものの、ユーチューブをやり始めてからもう数か月経つものの、再生回数がぜんぜん伸びない。

そんなケースは、動画の内容そのものより、箱書きに問題があるのかもしれません。

 

ユーチューブに動画投稿をし始めるという行為は、砂漠のど真ん中にレストランを開くようなものですからね。

人気と実績のあるユーチューバ―は人通りの激しい、いわば駅前の一等地にお店を構えていて、何もせずとも新規のお客が訪れてくれます。

しかし新人は、全く人の通りのない乾いた砂漠ど真ん中のお店。

「ワイはここやで」

「ここなんやで」

「うちのストロガルフ的なもの、おいしんやで」

「ほんまなんやで」

と哀願しても、まずお店を見つけてもらわねば、話になりません。

 

ユーチューブで動画を見てもらうためには、3つの窓口が存在します。

ひとつめは、Google やヤフー、またはユーチューブ検索窓などの、検索による流入。

ふたつめは、動画の下や横に、紐づけられる関連記事からの流入。

みっつめは、フェースブックやツイッターなどSNSに、自分の動画を張り付けてSNSからの流入。

 

ツイッターなどもかなりの数のフォロワーがおられる場合は、大きな流入の窓口ともなりますが、何百、何千と、フォロワーがいる方も少数だと思いますので、まずは意識せねばならぬのは検索からの流入と、関連記事からの流入による部分だと思います。

新人ユーチューバ―は基本的に、検索と関連動画表示の2大流入によって動画を知ってもらうしかないんですね。

その検索と関連記事流入を増やすためには、大事なポイントは4つ。

動画のタイトル  説明文 タグ サムネイルのつけ方なんですね。。

まずは、動画のタイトル付け、から行きましょうか!

 

スポンサードリンク

ユーチューブ動画のタイトルをいかにつけるか

動画のタイトルで最も重要なことは、タイトルには具体的なワードを織り込むこと。

動画のタイトルが、グーグルやユーチューブ検索の対象になります。

抽象的な、ぼんやりとしたタイトルはいけません。

 

【一カ月ぶりのまともなお休み オイラは聖地へウキウキお出かけ】

これでは、検索網にかかりようがないですよね。

 

それが、これならどうでしょう。

【予算2万でアキバで勝負! ジャンク品のみでメーカーパソコンを駆逐する!】

【予算】【2万】【アキバ】【ジャンク】【メーカー】【パソコン】 などのワードがきっちり入っていますし、タイトルだけで、それなりの物語性もうかがえますね。

 

一番大事なのは、この具体性なのですが、もう少し補足をしときましょうか。

重要だと思われるワードはなるべく左へ置きましょう。

 

検索者は、予算や、2万といった言葉より、パソコンや秋葉といった言葉での検索が多いでしょうから、そういった言葉を左に置いた方が、検索されやすい傾向にあるんですね。

上記のタイトルは、正直変えなくともいいのですが、より検索を意識するなら

【パソコンの聖地 アキバで勝負! ジャンク品2万でメーカー品を駆逐する!】

とでも変えたほうが、もう少しさらにGoodな感じ。

 

動画タイトルの文字数は、PCだとブラウザによって違いますし、スマホでも、アイフォンやアンドロイドの機種によっても違ってきます。

なるべく文字が途切れないような語数(スマホ表示を意識してなるべく25文字以下)にしましょう。

 

ユーチューブの説明文について

説明文

説明文とは、動画の下に張り出されている部分です。(青い四角の部分ですね。赤い四角にはもっと読むと書かれていて、ここをつつくと、説明欄が下に広く、展開されます)

 

動画タイトルだけでは補い切れていない動画内容を適切に表現しましょう。

上記の秋葉原の電気屋でジャンク品を選んで自作パソコンをくみ上げるといった動画なら、どんなお店を回ったか、いくらでどんなパーツを購入したか、などをさらに具体的に書くと良いですね。

(お店の名やパーツで検索をかける人もいるでしょうから)

 

この説明文は検索やに関連動画表示の両方に、影響していると言われています。

動画タイトルは検索のみの対象でしたが、検索のみならず、他人のアップロードした、近い内容のテーマの動画に、関連表示として紐づけされることがあるわけですね。

 

ユーチューブのタグ付けについて

まずタグとはなんぞやってことですが、札のこと。

名札、値札の、札ですね。

内容物を端的にわかりやすく示したものとでもいいましょうか。

 

つまり、動画のタグとは、(内容物を端的にわかりやすく示したもの)上記の、タイトルや説明文の具体的ワードとも重なることが必然多くなります。

タグの数は3~5個程度入れときましょう。

タグは関連動画表示の選定に影響しています。(こちらは説明文と違い、グーグルなどの検索には影響がありません)

 

説明文と、タグにおける注意点! 【必読】

説明文は、実際、とても長い文章を書きこむことができます。

タグも60を超えるタグを設定することができました。

説明文は、検索と関連記事表示に影響し、タグは関連記事表示に影響を与えますから、理屈としてはたくさんの情報を書いた方が検索と関連記事表示において、有利となります。

この特性を利用して、説明文に、自分と関連する(他人の)動画のタイトルとその動画URLを、何十も羅列して張り付けたり、タグを上限の60個まで設定することを勧めている動画などもあります。

確実にスパムとみなされ、ペナルティを食らうのでやらないようにしてください。

該当動画の削除のみならず、チャンネル削除、アカウント停止までありえますので、絶対にやらないように。

ユーチューブ運営側も、明確にペナルティ警告を発しています。

ユーチューブ運営

紛らわしいメタデータ

メタデータとは動画に関して提供される追加情報です。

たとえば、タイトル、説明、タグ、注記、サムネイルなどです。メタデータは、内容に関する補足情報を動画に追加するためのものです。

この機能を使用して YouTube の検索操作を撹乱するなどの行為は行わないでください。

メタデータは、動画に含まれているコンテンツを表すべきものです。他の場合と同様に、検索操作を撹乱する目的でメタデータを追加した場合も、動画が削除されてアカウントに対して警告が出されます。

動画の内容を最もよく表すタグを、妥当な数だけ選択してください。また、タグはメタデータのタグセクションにのみ追加してください。動画の説明にタグを追加するとスパムと見なされて、動画の削除につながることがあります。

説明文なら2~3行。(一般的な説明文の下に、紹介した商品のURLや、自分のブログ、ツイッターのURLなどを何行にもわたって書くのは、もちろん問題ないです)

タグなら3~5個程度が目安でしょうね。

 

それに注目したいのはこの一文。

動画の内容を最もよく表すタグを、妥当な数だけ選択してください。また、タグはメタデータのタグセクションにのみ追加してください。動画の説明にタグを追加するとスパムと見なされて、動画の削除につながることがあります。

 

ユーチューブ運営サイドは何が言いたいのかというと、たとえばタグに、【パソコン】【アキバ】【組立】【ジャンクパーツ】 と4つのワードを設定したとします。

説明文を書くのが面倒で、説明文を書く欄に、パソコン アキバ  組立 ジャンクパーツ とタグと全く、同じ表記だけを、ポンと、ほりこんどけというやり方は、スパムとみなされ、動画が削除対象になる可能性があるということなんですね。

説明文は、きちんとした文章にしないとだめだということ。

(例) 昨日、久々のちゃんとした休みが取れて、念願の秋葉原へ。握りしめた予算はたった2万。ジャンク品だけでパソコンを組み上げは成功するのか否か!

簡単でいいんです。ちゃんと書き込んでおきましょう。

 

サムネイルについて

サムネイル

サムネイルはユーチューブのトップページや関連記事で表示される看板的な静止画です。

サムネイルはアップした動画の中のシーンから、自動で抽出された3枚の動画の中から選択しますが、それでは弱いです。

サムネイル、なめたらあきません。

映像の情報量とインパクトは、テキストタイトル(文字のみのタイトル)では、とても太刀打ちができません。

 

自分で作った専用のカスタムサムネイルを必ず使用するようにしましょう。

カスタムサムネイルの殆どは、画像にテロップを入れたり、エフェクトをかけたりしていますよね。

カスタムネイルは、映画の看板のような情波性があり、観客動員数を大きく左右する力を持っています。

目を引く、インパクトのあるサムネイル。

時間をかけ、しっかりと作りこみましょう。

無料画像処理ソフトの、GIMPがお勧めです。(下のリンクはスマホの方はつつかないで下い。PCのみダウンロードできます)

GIMP

 

タイトル 説明文 タグ サムネイルのまとめ

新人であるほど、お客さんにまずは来てもらうことが大事です。

検索や関連記事から、一日5人より10人、10人より15人、一人でも多くの人に訪れて動画を見てほしいですよね。

そんなわけで、タイトル 説明文 タグ サムネイルの4つはきっちりと設定しましょう。

説明文と、タグについては、動画内容を適切に表すものであればいいわけで、それほど頭を使う必要はありません。

ただし、動画タイトルとサムネだけは、良く考え、思わずクリックしたくなるような工夫をしましょう。

手の込んだサムネイルならそれだけで小一時間くらいかかるときもあるでしょうし、検索流入の多くを占める、動画タイトルも思いつきだけで決めてしまうのは、とてももったいない話です。

 

4つの設定を怠らないのは当たり前のこと! それよりも更に大事な・・・

ユーチューブは現在、グーグル傘下の企業なのですが、ユーチューブやグーグルがどうやって、動画に対しての評価を決定しているか、ご存知ですか?

ユーチューブは動画の世界を、グーグルは検索やネットの世界を、ある意味、牛耳っているとてもクレバーな万能神のような存在です。

ただし所詮、血の通っていない機械神ですから、笑いのセンスや、美しさのセンスを持ち合わせているわけではありません。

 

動画の良しあしを、数値としてしか判断ができないわけなんですね。

数値?

そう、数値です。

 

ユーチューブにアップされた動画が、最後まで視聴されているか、それこがそ神にとって最も重要な数値となるんですね。

途中で離脱者がなく、最後まで視聴される動画を神は最大に評価します。

それはそうですよね。

面白い動画は最後まで見られる。

つまらない動画ほど、早めに離脱者が続出する

単純なロジックですが、この上なく正直なからくりです。

 

ネットにあげられている動画やブログなどは、トラフィック(どこからたどり着いたか)、デバイス(PCかスマホか)、どの街で見られているか、平均視聴時間など、すべて解析機によって把握することができます。

あなたが全力投球で良質の動画をアップし続けてさえいれば、それは完視率と言った形で、神が最も愛でる数字として結実していきます。

たとえば過激なサギネイルで、わっと視聴者を釣ってみたものの、中身を見たらまったくスカスカの、動画づくりの熱情がひとかけらもない不誠実なカス動画だった。

こんな場合、殆どの人がすぐに離脱するでしょうから、その動画の再生回数は伸びたとしても、神からは詐欺師の烙印を押され、そのチャンネルの未来は真っ暗ですよね。

真面目にこつこつと、丁寧に良質の動画をつくる。

ユーチューバ―として大成する道はこの王道しかありません。

 

ところでユーチューブやグーグルはどうやってお金を得ているか知っていますか?

2人とも何も働いていない、インテリニートのような存在ですよね。

ユーチューブはトップページの最上部に表示される広告収入が収入源で、グーグルは、検索をした際のページの上部や(パソコンならサイドや下部にも)に示される、広告(リスティング広告 =【検索連動型広告】 企業が競争入札によってあの広告スペースを買っている)が収入源となっています。

つまり、広告収入をメインとするユーチューブやグーグルにとって、中身のない低劣なコンテンツが、はびこる(上位表示される)のは、じっさい迷惑千万なわけなんです。

だってそうでしょう。

ユーチューブやグーグルで検索をかけても、中身のある、まともな動画が全く出てこない。

それは彼らにとって、死活問題ですよ。

これでは、早晩、ユーチューブや、グーグルを、誰も使わなくなってしまいますから。

人気のあったサイトやコンテンツがとつじょ凋落し、オワコンになるのは珍しいことではありません。

ユーチューブやグーグルが、いい動画を引き上げてくれるのは、単に公平な御心を持っておられるわけでなく、いわば自己利益、自己保身のためなんですね。

いい動画をひたすらに、つくり続ける。

シンプル伊豆ベストなスタンスです。

次回予告
スポンサードリンク