色鉛筆

 

こんにちは、Kです。

今回の記事はユーチューブ基礎講座第11話目。

ユーチューブのジャンルについて。

実に多くのジャンルがユーチューブには存在しますよね。

このジャンルの多さがユーチューブという動画媒体の強さでもあるわけなんですね。

 

なぜ、テレビと違い、実に細分化された多くのジャンルが存在できるのか?

答は簡単ぽん。

大きな公約数を取りに行く必要がないからなんですね。

テレビには、プロデューサー ディレクター アシスタントディレクター 構成作家 メイク 衣装  カメラマン 照明 そしてタレント。

多くの人が、かかわって一つの番組をつく作り上げています。

それぞれの担当者に、一人あたり、数千円 数万円 数十万というギャラが発生しています。

結果、積みあがった何百万、何千万とかかった番組制作に見合った視聴率をノルマとして求められます。

 

すると当然、マニアック方向性はダストシュートへ。

型にはまった、答のわかる番組しかできなくなるわけなんですね。

しかし、ユーチューバ―は 企画 出演 編集 すべて一人でできますから、制作費はゼロみたいなもので、回収率を気にしなくてもOK。

その一点で、動画の自由性がテレビより格段に跳ね上がります。

 

100人に一人、いや1000人に一人しか受けない動画であっも、成立してしまうんですね。

自分が好きな絵を、思い切り真っ白いキャンパスに描くことができるんですね。

 

型にはまり、冒険心を忘たテレビが凋落し、型にはまらないユーチューブが人気を博す理由がここにあるわけで。

今回の記事では、ユーチューブを内容に応じて、18のジャンルに分けてみました。

これからユーチューブ活動をやってみようと思っている人、すでにユーチュブで動画投稿をされている方にも、どういった系統の動画投稿をしようか、軸にできる動画テーマはないだろうか、と悩み、模索されている方は多いと思います。

 

18のジャンル、大枠にとらわれる必要はありません。

その枠からさらに踏み込んだ、、自分色のオリジナルフレームを描き出せるか。

あなたにしかアップできない動画とチャンネル。

きっと、それが聖杯となるはずです。

 

まずは聖杯動画を一つ紹介。

下の動画は、鉛筆デッサンで芸能人を描いたもの。

このサムネ、写真ではないんですよ。

鉛筆で描いたもの。

超絶ですよね。

誰にでもできる芸当ではありません。

3分7秒の動画になります。

 

ジャンル1 やってみた系

  • 気になっていること。
  • 科学実験的なこと。
  • 都市伝説検証。
  • 身内どっきり。
  • クイズ&大喜利。

やってみた系とは、実にざっくりとしたカテゴライズなんですが、だいたい上のような内容でしょうか。

 

はじめしゃちょう 水溜りボンド  フィッシャーズ 東海オンエアー トップユーチューバ―の多くは、このジャンルに属する人が多いですね。

日々、企画を考えなければならないのが、このジャンルの最も難しいところ。

リアクションのよさも必要ですね。

そういう点からも、このジャンルを目指す人は、チームを組んだ方が格段にやりやすいでしょうね。

 

そして、やってみた系には、弱体験強体験2パーターンがありますね。

 

弱体験とは、上記のような基本的に気軽にできる体験物。

強体験とは、大きく体や金を、張った体験物。

 

ジョーブログの、ジョー君の南米縦断や元世界チャンピオン亀田興毅とのガチファイトヒカル君の、屋台の当たりくじを、お金を無尽蔵につぎこんで検証するなどの、危険をはらんだ動画などがそれにあたります。

ジョー君やヒカル君は、一挙に注目を集めることが可能な強体験企画のおかげで、短期間で知名度大きく押し上げることに成功しました。

弱体験、強体験、どちらで勝負するかは、それぞれでしょうが、やってみた系の最大の肝は、やはり秀逸な企画をコンスタントにどれだけ用意できるかどうかにつきるでしょうね。

スポンサードリンク

ジャンル2   ゲーム実況

ユーチューブ動画の中でもっとも勢力をふるうジャンルです。

やってみた系のトップユーチューバ―の多くは、ゲームチャンネルも持っていますし、ユーチューブ配信者は10代、20代を中心とした若年層が多いわけですが、ゲームチャンネルは30代以上の配信者も参入していますから、とにかく競争が激烈です。

 

この上ない、史上まれに見る椅子取りゲームなんですね。

勝ち残るのは、相当の知略が、必要ともなるでしょう。

 

いい声。

しゃべりが立つ。

ゲームのテクが高い。

広くゲームの歴史や知識を持っている。

複数人でやるゲームも多いですから、気の合った仲間がいるのも強みになりますね。

顔出しはしなくとも、声だけで、成り立つ世界です。

兄者弟者の、弟者さんのように声だけでどれだけ、個性を際立てられるか。

数に埋もれないための、探究心と工夫が必要です。

 

ジャンル3  商品紹介

  • コンビニで新発売となったカップヌードルやお菓子、ジュースなど、食べ物紹介。
  • ドンキホーテなどにある、おもちゃや生活雑貨的な物の紹介。
  • パソコンやガジェット、オーディオ、カメラなど機械物の紹介。

 

紹介される商品は、主にこの3系統でしょうか。

面白く、わかりやすく説明する能力が求められますね。

一見、簡単にそうにも見えますが、単純なものほど差別化が難しく、実はかなり奥深い世界です。

 

聖杯動画、2本目を紹介。

若い女性でありながら、パソコンや機械物を中心に紹介している、せろりんねさん。

一つのチャンネルの中で、旅動画を上げたり、料理動画を上げたりもしています。

一つのチャンネルで、ひとつのジャンルに特化する必要はなく、自分のやりたいジャンルを組み合わせてOKなのが、自由なユーチューブのいいところ。

なかなか多才な人で、彼女は、ユーチューブという舞台を最大限に活用しています。

若いのでまだまだ大きな伸びしろを感じる女性でもあります。

カバー曲を歌う動画もあったりします。

がむばれ ハタチ JOSI

ジャンル4  Kids 動画

5歳くらいまでの子供(幼児)向けチャンネルですね。

登録者170万人のキッズラインや登録者数166万の、AAAjokenなど、大手のチャンネルがいくつかあります。

子供の顔出し動画については、子供を商品化しているとの批判も常にある分野でもあります。

 

ジャンル5  ペット 生き物

猫や犬の動画は、ほんとうにたくさんありますよね。

猫や犬が好きな人たちが視聴するわけですが、人口密度の高い日本の住宅事情でペットを飼えない人のニーズが特に大きいのでしょうね。

ペットと言えば、犬や猫をまず思い浮かべますが、さぼりCHというチャンネルでは、アリやニホントカゲ(ペットショップでなく、そこらの野原にふつうに見かけるトカゲ)など、逆に飼育が珍しい生き物を、飼育していて、そのマニア性でも10万人以上の登録者数を抱えるほどに、人気を獲得しています。

アリやニホントカゲ。

子供の頃からよく見かける生き物ですが、身近すぎて、確かに生態は良く知らなかったり。

う~ん、完全なる隙間ですよね。

 

ジャンル6   釣り キャンプ アウトドア

個人的に、佐賀の釣り集団、「釣りよかでしょう」を一年以上前から、毎日視聴しています。

とても勢いのある集団で、決してメジャーとは言えぬ、釣りをメジャーなジャンルへと引き上げてくれました。

釣りの動画としての強みは、海魚、川魚、魚種が豊富ですから、簡単にネタ切れがしないこと。

ただし、カメラの長回しが多くなるため、編集が鬼のように時間がかかりそうです。

 

そしてこの分野は基本的に、一人だけで大きなチャンネルに引き上げるのは難しいかもしれません。

ぼっちの釣りやキャンプ、アウトドアでは、絵替わりが乏しくなりますからね。

やってみた系と同じで、複数人の掛け合いがシナジーを生む分野だと思われます。

一人でご飯。もぐもぐ

大勢でご飯。もぐもぐ

大勢の絵のほうが、ワイワイ そりゃ楽しいに決まってます。

聖杯動画というより、テレビなどでも紹介されて、現在、800万再生以上を稼ぐ、釣りよかの血と汗の結晶的な動画です。

ジャンル7  料理

料理動画では 登録者数200万を超える MosoGourmet 妄想グルメが有名です。

創作料理やアイディア料理が支持されるのはわかるのですが、意外なのが、魚をさばくのを主とした動画も、再生回数が伸びていたりもするんですね。

トミックさんの魚さばき動画では100万再生を超えるものもあります。

きまぐれクックさんも魚をさばくことをメインに動画をアップしています。

そういう意味ではまだ未開発の料理分野があるような気もします。

料理動画の多くは、やはり実用的なものが多いです。

 

そんな中、聖杯動画として紹介する料理動画は、Peaceful Cuisineというチャンネル(管理人は日本の方です)。

かっこいい絵をつむぐことに命を懸けています。

レシピとしての実用性はやや低いですが、美しく展開される映像に、海外からのコメントが実に多くついています。

料理はアートや!

ジャンル8  音楽 演劇 演芸 アート

音楽では、歌ってみたという、ジャンルもありますが、Goose house のようにプロとしての活動の中心をユーチューブに置いている人たちもいます。

ゆずや、いきものがかりなど、ストリートミュージシャンンからプロを目指す人もユーチューブのおかげで減ってきているのかもしれませんね。

■ 粉ミルク

■ 劇団スカッシュ

 

聖杯動画その5 行ってみましょう。

マジシャンのぽんちさんの動画。

現在、連日、動画をアップされています。

まず実演があって、その後、手品の種明かしを、惜しみなくあかされています。

見事なプロのテクニック。

そして種明かしの説明がまた、かんどー的にうまい方です。

マジックの種明かしは、通例、業界から激しく睨まれ、世間が狭くなるだけだけなのに、なぜに大量に公開し続けているのか?

マジックを楽しめるご自分のBARでも開くのか、名を売って、テレビなどの冠番組を目指しているのか?

裏面のほうが、個人的には気になってたりもします。

ジャンル9   外国語 教育

学習の対象は実に広域ですから、このジャンルはまだまだ、手つかずの未開発な領域があると思います。

そんな中、とある男が授業をしてみたは、小学、中学、高校生を対象に、国語 数学 理化 社会たくさんの科目の講義をとり揃えています。

 

■ バイリンガール英会話

■ とある男が授業をしてみた

ジャンル10  メイク ファッション

メイクやファッションは、文字や静止画より、動画のほうがわかりやすいですよね。

こちらも、まだまだ発展しそうなジャンルです。

たとえば、ファッションデザイナーの道は針の穴のように狭きものですが、自分のデザインした服を裁縫し、自らモデルとなり、試着してみせたり、さらにその服にリンクを張って販売したりと、独自開拓していく道もありなのかもしれません。

やっている人、いるのかな。

■ Sekine Risa

■ sasaki asahi

ジャンル11 物申す系

テレビにはない、ユーチューブならではのジャンルですね。

物申すといっても、社会情勢や政治経済問題などの大きなテーマは基本的には対象外で、ユーチューブならびにユーチューバ―に対しての、個人的見解をぶつけるといった動画がメインスタイルです。

誰と誰とかが喧嘩した、どちらが悪いのか、とか。

あいつの行動や発言は底が浅すぎる、とか。

炎上狙いの煽情的動画も多く、コップの中の嵐的な、結局どこの岸にも辿りつけない不毛なテーゼのような気もしますが、建前の少ない本音の意見は、ユーチューブをユーチューブたらしめている欠かせない要素でもあります。

シバターさんや、kunさんが有名ですね。

ジャンル12   パチンコ スロット 競馬

ギャンブル系のチャンネルですね。

警察庁主導によるパチンコ屋主体によるイベント規制を受けてから、スロット動画は急速に盛り上がりを見せたという実態があります。

従来のパチンコ屋主体のイベントになり代わり、実質、(スロット動画撮影日が)新たなパチンコ屋の客寄せイベントとして機能しているからなんですね。

演者と撮影クルーはパチンコ屋の意向とは無関係に動画撮影をしており、イベントとは一切無関係であるという、ある種、日本的詭弁の上に成り立つ、スロットの動画配信なのですが、大きく人気のあるチャンネルでは、ひとつの動画だけで50万再生00万再生も珍しくはありません。

パチンコはいまだに、日本の大衆娯楽筆頭。

とても太い、ジャンルなんです。

■ いそまるの成り上がり回胴録(スロパチステーション)

■ ヤルオの燃えカス(うちいくTV)

ジャンル13  車 バイク 鉄道

広く、乗り物動画ですね。

このジャンルだけは、演者の必要性は薄く、被写体をいかに流麗に撮影するかが、もっとも大事なポイントでしょうから、高機能高画質の値の張るカメラ機材があった方が、鮮やかで良い絵が撮れるでしょうね。

そして乗り物には、系譜(歴史)があります。

製造中止になった乗り物でさえ、趣味者にとっては興味の対象となります。

つまりトレンド動画と違い、資産型動画として、長く視聴され、その間、ずっと広告収入を生み続ける可能性があるんですね。

ヒット動画を複数本持つ、鉄道だっちゃさんの2013年にあげた動画。

東北新幹線 E6系スーパーこまち・E5系はやぶさ連結シーン2本撮り

新幹線が駅に滑り込むだけのシンプルな動画が、実に680万再生もまわっています。

 

乗り物系の聖杯動画はこちらを紹介。

奈良県生駒市と大阪府東大阪市の境にある峠、暗峠(くらがりとうげ)をご存知でしょうか。

日本最強最悪の急こう配(場所により40度近く)をもつ峠で、対向車とすれ違うのが厳しい、狭い狭い国道です。

この酷道を、CB400SB(400CCバイク)で上っていく動画。

400CCバイクともなると、重量が200キロ近く。

スピードが落ち、S字カーブで少しでもふらつけば、屈強な体育会系でも、とても支えきれるものではありません。

視聴者のニーズをこの上なくとらまえた、ジョーズを超えたハラハラ設定なんですね。

ジャパネット的にハイトーンで紹介するなら

お値段納得! だからこそ190万再生突破。

どうか、手に取ってご覧ください!

オペレーターを増やしてお待ちしております。

ジャンル14  政治 経済

政治チャンネルではKAZUYAさんの一人勝ち状態。

経済チャンネルでは、株やFXのチャンネルは多数ありますが、マクロな経済チャンネルは殆どありません。

■ チャンネルくらら

(上念司氏のマクロな経済チャンネル・毎日18時更新)

 

ところで政治チャンネルで、43万にも登録者がいる、鬼の一強状態のガリバー、KAZUYA Channel

ただし、KAZUYA Channel は広告が殆ど張られていないんですよ。

(KAZUYA Channel 5D’s サブチャンネルには普通に広告があります)

 

シバターさんの動画でも、殆ど広告はなく、政治色が強かったり過激とされる動画は、広告が付きづらいんでしょうね。

ただし、カズヤさんは、本を出されたり、週刊誌に連載も持たれていますし、講演活動もしています。

(シバターさんは、パチンコ屋の営業をしています)

ユーチューブはあくまでも名前を売る場所であり、広告収入を得る手段とは、捉えてはいないんでしょうね。

ジャンル15   筋トレ ヨガ スポーツ系

筋トレ ヨガ  サッカー 野球   体を動かす、スポーツ系動画もそれなりにアップされていますが、個人ユーチューバーがプロ野球やヨーロッパサッカーの試合そのものを流すのは著作権違反ですし、基本的には、ハウトゥもの(やり方指南)に落ち着きますよね。

筋トレのやり方。

ヨガのやり方。

サッカーなら、リフティングのやり方。

野球なら、変化球の投げ方。

などなど

鉄道動画などと同じで、上質なハウトゥ動画は、長く視聴される資産型動画になりえます。

また、ヨガ教室やサッカー教室などを開いている方には、動画そのものが広告塔としての機能を発揮します。

リフティングのコツを教えます(66万再生)

【超ツーシーム講座】内角をえぐる&左打者の弱点 (19万再生)

ジャンル16  大食い

これをひとつのジャンルとしてカウントするか、迷ったのですが、チャンネル登録者数が300万を超える、登録者数3位の木下ゆうかさんも、おられるし、はずせないかと。

もともとテレビなどで活躍していた、大食い系タレントも、ユーチューブにチャンネルを持ち活動されています。

世界では、いまだに飢餓に苦しむ地域があるなか、摂取不必要な、必要摂取カロリーの数倍もの食事を、オッパッピーに詰め込んでいく。

ピース、ジャパン。

ユーチューブの視聴者層のコアは、社会的意識の希薄な若年層ですから、じっさい大食いは、かなりアクセスの稼げるジャンルでもあったりします。

ジャンル17   アニメ  バーチャルアイドル

この記事の冒頭に書いたように、ユーチューブの最大の強みは、製作費を限りなく圧縮できるところ。

手間と製作費のかかる、アニメやCGアイドルなどは、費用対効果の観点からも、基本的に、不向きな分野なんですね。

あはれ!名作くん は、紙芝居に近い形の動きの少ない、半アニメ的な作品で、ユーチューブでの放送を基軸に制作されたのかと思っていましたが、元はNHKEテレで放送をされていたもの。(公共放送局のNHKは広告をつけたユーチューブでの動画配信は認めないでしょうから、著作権は、制作会社帰属なのでしょう)

■ あはれ! 名作くん

そういう意味ではユーチューブを基軸に動画制作&配信をされているダントツにアニメ系で有名なチャンネルは、3Dバーチャルアイドル キズナアイでしょう。

通常配信でも、かなりの人気ぶりなのですが、ライブ配信における、スーパーチャット(投げ銭機能)により、さらなるマネタイズも、はかっています。

スーパーチャット
2017年1月よりはじまったサービス。視聴者が、配信者(クリエイター)に直接お金を送ることのできるシステムです。

路上ライブなどに置かれた、ギターケースに観衆がお金を置いていくのと近い感覚。

投げ銭の金額は、100円~5万円まで。

金額に応じて、コメント欄に送信できる文字数が増え、かつ固定表示される時間が長くなります。

ライブ配信者の目に留まりやすくなるわけですね。

ジャンル18   松居一代

唯一無二。唯我独尊。唯物論的オトコ観。

たぶん、まねの出来ないジャンルです。

いや、まねをしないほうが、身のための分野です。

周回遅れ必至の、なんびとも、彼女には決して追いつけない孤高の分野となります。

その他、もっとマイナーなジャンルを知りたい方はこちらへ!

次回予告
スポンサードリンク